2005年10月28日

ビールの肴

昨日のピータンの記事を書いていて思ったのだが、
僕には、ビールを飲むようになってから
好きになったという食べ物が結構たくさんある。

辛子明太子、漬物、キムチ、
辛子入りの納豆、ピータンなどなど。
こうして見ると辛いかしょっぱいかだな。
特に辛い系を食べるようになったのは大きいな。
辛い系はビールと一緒にするけど、
日本酒とは合わせない。
日本酒の味がぶれる気がするから。

まあ、それはともかく、
よく大人になると味覚が変わるというけど、
それは、少なくとも自分の場合は
酒を飲むようになったからだと思う。


posted by jk at 11:46| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうだそうだ、その通りだ!

ビールに合う肴と、
日本酒、ワイン、焼酎、ウイスキー等、
それぞれに、合う肴って違うのよね。

ただ、生牡蠣に白ワイン(シャブリとか)は、
合うという定説だけど、
私は、そう合うとは思わないんだなぁ…
私に言わせると、魚系には、やっぱり、日本酒なんです。

今夜のビールのアテは、納豆キムチ?か……あ、
チーズポテトも美味いし…やっぱり、枝豆と、唐揚げも…

ピータン、私も腐り物系かと思っておりました!
ひとつ利口になりました。
Posted by mama at 2005年10月28日 16:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。