2005年06月17日

レーザープリンター

image/spearmint-2005-06-17T00:36:23-1.jpg

今週、モノクロレーザープリンタを新規に購入した。
5年あまり使っていたFUJIXEROXのモノクロレーザープリンタ
"DOCUPRINT200"のトナーが切れ、
替えのトナーを探したところ3万近くしたため、
トナーの交換よりも新品を買った方が安くなったのだ。

元々、レーザープリンタは非常に高かった。
プリント1枚当たりのコストは
インクジェット機に比べ抜群に安いのは変わりないのだが、
プリンタの機械そのものが非常に高かったのだ。
だが、時と共に本体の値段も下がってきた。
いまでは5年前にモノクロレーザープリンタを買った値段で
当時20万以上したカラーレーザープリンタが買える程だ。

僕がレーザープリンタにこだわる理由は、
プリント品質が圧倒的に高く、かつ圧倒的に安いからだ。

レーザープリンタのプリント品質は、
コンビニにあるコピー機をイメージしていただくとよいだろう。
プリントコストは、
機種をちゃんと選べば1枚2円程度とリーズナブル。
また、印刷スピードも1分間に18枚以上の機種がザラで、
一般的にインクジェット機よりも圧倒的に速い。

このように、一度家庭で
モノクロレーザープリンタが使える素晴らしさを知ると、
2度とインクジェット機を使う気が起きない。
というか、完全に別次元の機械だと思う。
ビバ、レーザープリンタ!!

で、今回の機種選定においては、以下の基準で選んだ。
1、レーザープリンタであること
2、1枚当たりの印刷コストが2円程度。
3、本体+トナーが実質2万±1千円程度。
4、替えトナーが安い。
5、印刷スピードが1分間に18枚以上。
6、USB2.0対応。
7、ちゃんとしたメーカーであること。

以上によって、上記の基準をすべて満たした
ブラザーの"HL-5040"が今回購入されるにいたった。


追記:ただし、カラーレーザープリンタは依然として高価なので、
カラーでのプリントが多い方には家庭用として
レーザープリンタはオススメできません。
カラーがデジカメのプリント用途に限定される場合、
熱昇華型と呼ばれるプリンタをオススメいたします。

僕は通常モノクロでの文書のプリントがメインで、
カラーはデジカメのプリントのみなので、
モノクロレーザープリンタ+熱昇華プリンタでやってます。
インクジェットは今後も買わないでしょう。


posted by jk at 00:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨・他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。