2007年11月25日

資格試験合格のコツ

これまで、立て続けに3つの国家資格試験に
前日から取り組み超短期合格したポイントを記す。

<1>
「国家試験に申し込む」
→なんとなくでも、思い立ったら試験を申し込む。
試験を申し込まなければ100%合格はない。
受からないとか難しいとかウダウダ考えてないでとにかく申し込む。
申し込まなければ始まらない。
勉強してから申し込もうとかモチベーションが続かないから無理だ。


<2>
「いい問題集を探す」
→試験まで心中する「問題集」(参考書でなく)を探す。
これ一冊なら、なんとかやれて、
かつ合格レベルに達するだろうという信頼できる(と自分が感じた)
いい問題集をみつけだすのだ。


<3>
「決してあきらめない」
→試験前日まで何も勉強してなかったり、
試験日になっても範囲が終わってなくても決して諦めない。
試験日の試験前でも、
早起きして試験会場近くのマックや喫茶店に
早めに行けば当日だって十分に勉強できる。
試験中の昼休みだって次の試験の勉強ができる。
実際にシスアドとFPでは、
午後試験の勉強を試験日昼休みにしかしていないが、
両試験ともに全体で余裕のある成績が取れた。
とにかくあきらめずに試験の前に詰め込めるだけ詰め込める。
前日でも当日でも昼休みでもあきらめない。
本試験の最中も知識がなくても
なんとか正解が叩き出せないか考えて考えまくる。
絶対に諦めない。最後まで粘る。


<4>
「集中する」
→勉強はダラダラやっても効果は少ない。
集中力は勉強の命だ。
勉強をはじめたら他のことは一切考えず、勉強に打ち込む。
短時間でも集中してした勉強は長時間の勉強を超える。
最後は集中力こそ合否を分ける鍵だ。


posted by jk at 15:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日でシスアドに受かる方法

さて、恒例の?一日で受かる方だが、
今回利用した問題集は、日本経済新聞社の
『2006春よく出るよく分かる初級シスアド【午前・午後】問題集』
ただ一冊だ。

定価は1380円+税だが、ブックオフで750円で購入。
出版が2005年12月と、古本だが許容範囲だと思った。

参考書は一切使わなかった。
毎度のことだが、いきなり問題集にあたり、
ひたすら答えになるポイント、よく聞かれるポイントを暗記した。

普段インターネットやパソコンを使っていても、
ほとんどの問題が新しい知識や整理すべき知識ばかりで、
実際に取り組んでみると0スタートでかなり苦労した。
とにかく「整理しつつ暗記」を心がけた。

試験を受けてみてわかったが、
シスアドの試験は形式がだいたい決まっていて、
この問題集はかなり分厚いが、
出題傾向を研究しているだけのことはあって、
この1冊だけでほとんど出題範囲は網羅していた。
新しい知識の問題も本試験では出題されていたので、
もしこれを見て参考にする方がいれば、
なるべく最新版をオススメする。

そんなわけで、たった1冊だが、よい問題集を選び、
それを集中して徹底的にやることで、一日で合格できた。


以上。





posted by jk at 15:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家試験 初級システムアドミニストレータ試験合格

071125_1315~01.jpg

本日、合格証書が届いた。
合格発表自体は14日だったのだが、合格発表日を忘れていて、
証書が届いてから試験について思い出した。
受験したのが10月21日であったからだいたい一月前だ。

成績は
午前670/800
午後720/800
で、合格基準は両方とも600点以上。

今回も?試験前日まで勉強に取りかかれず、
試験前日と試験当日のみで試験に対応した。

合格率がおよそ3割以下の試験ということで、
こんなロクに受験対策ができなかった状態で
我ながらよく受かったものだと思う。

これで、シスアド・FP3級・危険物乙4と、
3つの試験に連続して合格した。
今回の試験もそうだが、
初級レベル、3級レベルというのは集中すれば
前日からで間に合うものなのだと実証できた。
ただ、中級レベル以降のものはこうはいかないだろう。
posted by jk at 13:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。