2005年10月29日

わたがし

image/spearmint-2005-10-29T17:53:47-1.jpg

学部祭で久しぶりにわたがしを食べた。
値段はたったの60円。

味が選べたのでストロベリーにしたら
なんか赤っぽいわたがしになった。
着色料が入っていたらしく口の中まで真っ赤。

そういえば、
前回わたがしを食べたのはいつだろう。
ずいぶん昔の話な気がする。
祭りの出店のは高すぎて
自分では買う気になれなくなったしなあ。
でも、子供の頃はすごく好きで、
祭りの出店でしょっちゅうねだってたな。

わたがしなんて、
材料砂糖だけなんだし、
祭りだと500円以上するけど、
原価なんて10円もかからないだろう。
暴利もいいとこだ。
子供相手にちょっとひどい気もするけど、
お祭りって感じがしていいんだ。

話は変わるが、学部祭というのは
いわゆる大学全体の学祭ではなく、
学部単位で行う学園祭のことだ。

我が大学は確か3、4年前くらいまで、
大学と学生の対立から学祭が凍結されていた。
その時代に学部祭という、
学校が主体となって行う小さな学園祭が始まったのだ。
現在は学生主体の大学全体の
普通の早稲田祭も復活しているが、
学部祭は学部祭で残ったらしい。

個人的には学部祭の方は人も集まらないし、
やめちゃっても構わないんじゃないかと思うのだが。


posted by jk at 17:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。