2005年09月25日

ネルドリップ

image/spearmint-2005-09-26T03:03:07-1.jpg

僕が考える、
うまいコーヒーの必須条件のひとつに
「ネルドリップ」がある。

「ネル」とは布のことで、
コーヒーを布でこして淹れることを
「ネルドリップ」という。

紙で淹れたコーヒーは
明らかに紙の味が付くのだが、
ネルで淹れたコーヒーは
味がまろやかで澄んでいて、
本来持っていた旨味がそのまま出る。

飲んでみれば一瞬でわかるものなのだが、
ただネルで淹れるというだけで、
コーヒーは本当に別物になる。

ちなみにこのネルはフレーム付きで300〜700円程度。
替えのネルなら1枚100程度だったと思う。
しかも洗って繰り返し使えるため、
紙よりもずっと経済的で、
かつ、ゴミが減って環境にもよいのだ。

以上のような理由により、
僕はコーヒーを淹れる際には、
なるべくネルドリップにするようにしている。


posted by jk at 23:53| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。