2005年08月16日

タンカレーのジン

image/spearmint-2005-08-16T22:40:04-1.jpg

久しぶりに"タンカレー"のジンを買った。
値段は新宿ルミネの成城石井で1550円。
アルコール度数は47.3%。

ジンとはイギリスのスピリッツ(蒸留酒)で
穀物をベースに香草を加えたもの。

ジンというと
僕はこのタンカレーかボンベイサファイアを思い浮かべる。
あまり詳しくはないのだが、
たぶんジンのブランドとしては有名なはずだ。

ジンは使い勝手がよい。
レモンやライム、ソーダとの相性に限らず、
さまざまな果汁やドリンクと合わせステアすることで、
オリジナルな味を探求するベースとして優秀である。
それはタンカレーのジンの
スッキリとした飲み口ゆえだろう。

ちなみにこのタンカレーのボトルのデザインは
ロンドンの消火栓をイメージしたものらしい。


posted by jk at 22:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。