2005年06月12日

お好み焼き 天満菊水

image/spearmint-2005-06-12T19:11:42-1.jpgimage/spearmint-2005-06-12T19:11:42-2.jpg

大阪旅行最終日にして、夕方の、時間がない中をおして
大阪環状線天満のお好み焼き屋さん"天満菊水"を訪れた。

お店は危惧していた通り行列が出来ていた。
待ち時間はおよそ30分。
大阪人は一般に並ばないというが、そんなことはない。
うまい食いモンのためなら並ぶのだ。

注文したのは「豚焼」と「えび焼」。
値段はともに1020円とかなり高めの設定。
にもかかわらず、金にシビアな大阪人から
支持されているのはすごいことだと思う。

お好み焼きは当然お店の人が焼く。
焼き上がるまでに20分ほど時間がかかるが、
出来たお好み焼きはふかふかで、
厚みがあるのに火が通っている。
ソースはトロッとした甘口ソースとウスターソースがあるが、
断然甘口ソースがオススメである。
それに、青海苔と鰹節をかけて食べる。

うまい!!


posted by jk at 19:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪下町のうどん

image/spearmint-2005-06-12T11:40:21-1.jpg

特に有名なお店というわけではないけれど、
下町の商店街にある
小さなうどん屋さんというのがなかなかやります。

今回は大阪市福島区内のとあるうどん屋さんに寄りました。
キツネうどん、360円。
ネギ・天かすは入れ放題。

スープの色は薄いけど、味は薄いわけではなくて、
ダシが利いてて下味のしっかりした骨太なスープなのです。
posted by jk at 11:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お好み焼き ひらかずや

image/spearmint-2005-06-12T00:54:13-1.jpgimage/spearmint-2005-06-12T00:54:13-2.jpg

大阪に来て一軒目のお好み焼き屋さんは
"お好み焼き ひらかずや"。

夕方の6時に開店し、翌朝7時に閉店する。
なので、僕は主に夜中に利用している。

今回注文したのは
「豚玉焼」700円、「牛ねぎ焼」800円。
当然、お店の人が焼いてくれる。

焼く手際はスムーズで、
外側がパリパリになるように
最初にクレープのようなベースを作り、
その上にしばらくしてから中身を乗せ、
形を整えながら焼いていく、
最後に裏側も焼き上げ、
外側パリパリ、内側柔らかなお好み焼きが完成する。

うまし!!

これは素人には焼けないと、改めて思った。
それでこそわざわざ出向いてお金を払ってまで
食べる価値があるというものだ。
posted by jk at 00:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変わりカツ丼 祭太鼓

image/spearmint-2005-06-12T00:37:01-1.jpgimage/spearmint-2005-06-12T00:37:02-2.jpg

以前、関東に戻った時に気が付いたのが、
この変わりカツ丼のお店"祭太鼓"が関西限定ってことだった。
そういえば、関東では変わりカツ丼て言葉自体
あんまり聞かない気がする。

まあ、そんなわけで変わりカツ丼の"祭太鼓"に行ってきたわけです。
梅田だと阪急三番街地下2階と駅前第2ビル地下にあります。

"変わり"カツ丼のお店な割りに
ここはオーソドックスなカツ丼がうまい。
なので注文したのは「おろしカツ丼」のダブル。
ダブルとは、カツが2枚ということ。
カツには全品ゴハンが付いている。

メニューの中には
"マヨキムチカツ丼"や"梅ぽんずカツ丼"、"トマトカツ丼"
などなど、日頃あまり目にしないようなものもあるのだが、
それらイロモノに手を出すのは次回になりそうだ。
posted by jk at 00:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

551の豚まん

image/spearmint-2005-06-12T00:22:08-1.jpgimage/spearmint-2005-06-12T00:22:09-2.jpg

地下鉄御堂筋線心斎橋駅となをば駅の間に位置する
心斎橋筋の中にある、大阪を代表するお店"551"に寄った。

お目当てはもちろん出来立てアツアツの豚まん。
ひとつ140円(税込)。

皮はもっちり、中身はジューシーで最高!
"551"は大阪の直営店しかないので、
出来立ては大阪でしか食べられない。

これも、その場、その時限りってやつですね。
posted by jk at 00:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たこせん

image/spearmint-2005-06-12T00:13:01-1.jpgimage/spearmint-2005-06-12T00:13:01-2.jpg

僕が大阪に行くとよく食べてくるものがある。
それが"たこせん"だ。

"たこせん"とは、
基本的にたこ焼きをえびせんで挟み、押し潰したもの。

今回食べたお店は三角公園近くの"だいげん"というお店のもの。
ひとつ100円で、
えびせんの中に、ふたつたこ焼きとソース、天かすが入っている。

パリパリえびせんの外側に
柔らかいたこ焼きの中身
という組み合わせは実にうまい。

大阪の"たこせん"、是非一度お試しあれ。
posted by jk at 00:13| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。