2005年06月03日

インド料理 マハラジャ

image/spearmint-2005-06-03T13:55:04-1.jpg

今回は新宿高島屋タイムズスクエア向かいのサザンテラスにある
小田急センチュリーホテルサザンタワー3階の
北インド料理"マハラジャ"に来ました。

注文はランチバイキング。
もちろん食べ放題で997円(税込)。
カレーは、肉のカレーと豆カレー、
チキンカレー、野菜カレーの4種類。
あと、ナン、ライス、サラダが食べ放題。

肉のカレーはラム肉でクセが強い。
豆カレーはあっさりだがややベタめで僕には合わなかった。
野菜カレーはやや辛味が際立った印象を受けた。
チキンカレーはチキンが多めに入っていて、
一番味のバランスがよかったように感じた。

ナンはやや淡白な味だが、
焼きたてを食べられると程良い歯応えでよかったように思う。

また、サラダの食べ放題はポイントが高い。
サラダというのは意外に家で作ると面倒だ。
水にしばらく浸し、ハリを出し、
水を切り、カットする必要がある。
また、ドレッシングのコストも馬鹿にならない。

以上により、
なかなかの高得点となったのだが、
ひとつ心残りがある。

それは、同じ値段で食べ放題ではない
エグゼクティブランチなるものもあったのだが、
そちらにはカレーセットの他にタンドリーチキンも付いたのだ。

実はちょうど隣りの席のお客がそれを食べていたのだが、
それがうまそうで、バイキングを注文したことを
ちょっとばかし後悔してしまった。
次は必ずエグゼクティブランチにしよう。
名前もかっこいいし(笑)


posted by jk at 13:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

関東のお好み焼き屋

東京ではあっさりうまいたこ焼きが見つかったが、
お好み焼きについては東京でうまい店に出くわしたことがない。
そもそも、お好み焼きを客に焼かせるところが話にならん。
店にオリジナルの焼きテクがないなど、お好み焼き屋とはいえん。

大阪下町のお好み焼き屋さんはみんな目の前で焼いてくれる。
お店のプロの技術で、厚みがあるのにちゃんと火が通っていて、
かつ、絶妙の食感のお好み焼きを作ってくれる。
それは経験と技術あってのものだ。
お店に今日来て焼くような素人には無理だ。
それゆえ、金を払う価値がある。

然るに、関東のお好み焼き屋は素人の客に焼かせる。
こんなもんでうまいお好み焼きが食えるわけがない。
そもそも、客が自分で焼かねばならないのなら、
店に来てわざわざ割高な金を払う必要がない。
家で材料を買って、
ホットプレートなりフライパンなりで焼けばよいのだ。

つまるところ、関東のお好み焼き屋など行く価値はない(僕にとって)。
そもそも、存在自体が何かの間違いなのである(僕にとって)。
posted by jk at 00:06| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。