2004年11月24日

至高のマウス

65UPi
もっとも手に触れ使うものにもかかわらず、
私はマウスが苦手だった。
理由は認識率の悪さと、
必要とされる広さ・空間の問題からだ。

マウスはやたらと机の上じゅうで動かさねばならない。
しかも、手ごとだ。
移動の開始点が机の端だったりすると、
わざわざ持ち上げて位置を変える必要すらある。
なんと不条理なデバイスだろう!

てわけで、私の求める理想のマウスの条件をあげる。

1.トラックボール(マウスの一種で固定したままボールを動かす)
2.オプティカル(光学式:認識率がよい)
2.有線(コードレスでない:電池が不要なので)
3.スクロールホイールがついている(スクロールは必須)
4.Logitech(logicool)製
5.サイズ、形状が手になじむ
6.USB接続(汎用性が高い)

こちらの条件に合致する
トラックボールが存在するかといえば、
現在、ある。販売もされている。
『「TrackMan Wheel」(ST-65UPi)』だ!
添付されているCDは全く使わず、OSのドライバだけで使う。
その方がなぜか操作性がよい。
すでに一個所有しているのだが、
絶版の怖れがあるため(ロジクールはよく絶版にする)
予備にもう一個発注した。
私の垂涎の逸品である。


posted by jk at 00:03| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑貨・他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。