2004年06月26日

au CDMA 1X WIN

AirH"PHONEに比べてWINが優れている点がある。これはどうしようもないアドバンテージだ。それは携帯ということ。AirH"PHONEは所詮PHSでありPDAの代替手段にはなりえるが、携帯の代わりにはなれない。携帯には携帯専用サイトがありその多くが携帯からしかアクセスできないようになっている。そしてメールアドレスだ。メアドが携帯のものとそれ以外のものとでは信頼性に差がある。携帯のメアドなら信頼性と親密さをより相手に感じさせることができるだろう。ゆえに、スペックが旧世代のものであってもWINには「携帯」で定額という点で意味があるのだ。だが、WINにするならもう少し待ちたいところ。携帯は機種変更に何ヶ月以上という縛りがあるのでそうそうできないのだし。現状のWIN端末にあまり魅力的な機種がないのも事実だろう。それに、いま現在で同じパケット定額サービスの始まったFOMA端末と比較してしまうと負けすぎているようにみえる。auにはもっとがんばって欲しいところだ。


posted by jk at 13:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨・他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯+AirH"PHONE

私は通話用にau端末(非WIN端末)、メール・web用にAirH"PHONEを使っている。京セラのAirH"PHONEなら端末オンリーで普通のwebページが閲覧でき、しかもパケット定額なのでメールもwebもやり放題というのがメリットだ。さらに端末二つだと電池の減りが激しいパケ用と通話用に分けられるから安心感がある。電池がなくなって通話ができないなんてことはまずない。端末が分けてあればweb中で電話が受けられないってこともないし。auのWIN一本化にくらべてメリットもあるだろう。もっとも、私の場合、infobarという端末が通話以外に使い物にならないということもあるが。
posted by jk at 12:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨・他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。